御大典記念事業

   奉祝 御代替御大典記念事業

   諏訪神社境内末社 八坂神社・金比羅神社改修工事趣意書

 氏子崇敬者の皆様には、当神社護持のため平素より御協力を賜り、有難く厚く御礼申し上げます。
 北上・和賀鎮護の諏訪神社は、大同二年(八〇七年)信濃国諏訪大社より御神霊を勧請し、時代とともに境内末社を御遷座され、神々と歴代尊崇変わる事なく、神威歴然として現在に至っております。
 此度、新帝陛下の御即位を謹んで奉祝し、益々の皇室の隆昌と神社の発展、氏子崇敬者各位の繁栄を祈り「御大典記念事業」として、各所老朽化を呈し損傷している八坂神社・金比羅神社(二柱合祀神社)の屋根替え工事・向拝屋根増設工事(着工令和二年三月、竣功令和二年七月)の事業を行うこととなりました。
 「きゅうり天王さん」とひろく慕われ、多くの参詣者があるお社を改修し大神様の御神威を高めるとともに尊厳極まりない神域として整備いたしたく存じます。
 つきましては、皆様におかれましては、本事業に深い御理解を賜りまして、葺き替えに使用いたします銅板のご奉納にご協力下さいますようお願い申し上げる次第でございます。

           令和元年年七月吉日

  銅板のご奉納について
  初穂料 一枚 二千円
  銅板には皆様のお名前と祈願内容をご記入いただけます
  皆様のお名前が御社殿・お屋根に末永く残ります
  諏訪神社社務所の「銅板ご奉納受付」へ直接お越しください
  受付時間は毎日九時から十六時までとなります
  各区総代からの申し込みも可能です 代筆も承っております